ぽっこりお腹を凹ます簡単メソッド

森●郎さんが提唱するぽっこりお腹を凹ます簡単メソッドをご紹介します。

パッと見はそれほど太いと感じない。

でもお腹だけぽっこり出てしまっていて腹筋しても凹まないと悩んでいる人もいるでしょう。

原因は<内蔵の下垂>かもしれませんがこの簡単メソッドをすれば効果があります。
ぽっこり出ているお腹をハードなエクササイズをしなくても凹ます方法があるのです。

ポイントは「まっすぐに立つこと」と「3つの呼吸法」をするだけです。

原因はインナーマッスルの衰えにあると森●郎さんは指摘します。
森氏の著書によりますとお腹だけが極端にぽっこりしてる原因は「背骨の前後」と「内蔵周り」のインナーマッスルの衰えにあると言われいます。

それによって内臓が全体的に下垂してしまっているのです。

だから、いくら腹筋を鍛えてもお腹が凹まないのです。
――インナーマッスルって何でしょうか?
主に内臓の位置・骨盤の位置・背骨の位置を維持している筋肉のことです。

「浅い呼吸」「猫背」「骨盤や背骨など身体の重心に位置が悪い」とインナーマッスルの機能が劣化してしまいます。

だから、呼吸と姿勢でインナーマッスルを鍛えればいいのです。

内臓の位置を本来の部分にもどしてあげるとお腹は凹みます。
――では、立ち方と3つの呼吸法を説明しましょう。

・真っ直ぐに立って骨盤を押さえつつ、ゆっくりしたスピードで息を吸いながら膝を曲げます。

・息を吐きながら膝をゆるーく伸ばした姿勢をとります。

これが立ち方です。
次に呼吸法です。

1番目は<腹式呼吸>を5回から10回します。

みぞおちの下に手をおきましょう。

鼻からゆっくり息をすって口から呼吸を吐きます。
2番目は<胸式呼吸>を5回から10回します。

肋骨の下で腕を組みましょう。

鼻からゆっくりと肺に入れるように息を吸って口からゆっくり吐きましょう。
3番目は<背中呼吸>を5回します。

肋骨の下に手を置いてください。

初めに息を吐ききってください。

その後、鎖骨と背中に息を入れるイメージでゆっくりと息を吸いましょう。
この方法をマスターしておけば日常生活でもちょっと空いた時間にできますね。